ビルベリーエキス

ビルベリーエキス | 目の健康成分

ビルベリーとは、スウェーデンやフィンランドなどの北極圏で育つブルーベリーの一種です。見た目はブルーベリーとそっくりなのですが、その果肉にブルーベリーとの大きな違いが隠されています。

ビルベリーはブルーベリーと違い、果肉まで濃い紫色をしています。これはアントシアニンなどのポリフェノールが多く含まれていることを示します。アントシアニンなどのポリフェノールは、植物が太陽から身を守るために生成されます。

ビルベリーが実をつける夏の間には、北極圏では一日中太陽が沈まない「白夜」という現象に見舞われます。24時間降り注ぐ紫外線から大切な実を守るために、防御成分であるアントシアニンをブルーベリーの約4倍も多く作り出すのです。

量だけでなく、アントシアニンの種類もビルベリーは豊富で、ビルベリーには15種類ものアントシアニンが含まれていることがわかっています。中でも特に健康効果の高い「デルフィニジン」や「シアニジン」を豊富に含んでいます。

アントシアニンはビルベリーの他にも赤紫色をしたものに多く含まれており、例えば紫キャベツやナス、赤玉ねぎなどに多く含まれています。また、紫外線や赤外線を除く可視光線の中で、ブルーライトは最も高いエネルギーを持っています。

太陽光の他にもLED照明、テレビ、スマートフォンなどからも発せられており、現代人はこのブルーライトを浴びる機会が増えてきています。このブルーライトはUVAやUVBなどの紫外線が角膜や水晶体で吸収されるのに対して、網膜にまで到達します。

特に網膜の中心にある黄斑部には光が集中するので受けるダメージも大きくなってしまいます。そこで、このビルベリーエキスが役に立つのです。ビルベリーエキスに含まれる天然色素のアントシアニンは、眼精疲労や老眼、最近増加傾向にあるスマホ老眼やドライアイなどの目の病気を予防したり改善してくれたりします。

人が網膜で光を感じるために必要な物質のロドプシンは体内で合成されますが、加齢や栄養不足により合成していく力が減少していきます。それをビルベリーエキスに含まれるアントシアニンがロドプシンの合成を助け、活発化させるので、目の疲労が回復したり、視力の低下を防いでくれたりする効果があります。

この他にもアントシアニンの成分は、眼精疲労や視力回復、低下した網膜の機能を回復させる、白内障の予防、抗酸化作用、毛細血管の保護などの働きがあります。

高血圧により目の毛細血管が硬くなって出血や網膜はく離が起こる高血圧性網膜症や、加齢が原因で目の水晶体が濁り、視力低下や失明を起こしてしまう白内障、目の酷使によるスマホ老眼や老眼、ドライアイ、眼精疲労などの目の症状がある人に、アントシアニン36%のビルベリーエキスを3ヶ月継続して摂取させたところ、ほとんどのケースで効果があったという臨床結果の報告もあります。

目の健康成分

眼のおはなし