飛蚊症

飛蚊症 | 視力に影響

眼球の奥、内側を覆うようにしてある網膜は、水晶体から入って来た像を映し出す役割を持ちます。>網膜に穴があいたり裂け目でできてしまったりする網膜裂孔(もうまくれっこう)や、網膜が剥がれてしまう網膜剥離(もうまくはくり)は、視力の低下や視野の欠損を引き起こしてしまいます。

網膜裂孔から移行する形で網膜剥離になるケースが多く、その原因は若い世代では元々網膜の形に異常がある部位があったり薄かったりすることにより、高齢者では加齢に伴って起こることが多いです。

加齢に伴って網膜裂孔及び網膜剥離が起こる場合には、眼球内に満たされている硝子体(しょうしたい)という物質が減って網膜から離れてしまう、後部硝子体剥離が原因となることがあります。硝子体は水分とコラーゲンが混ざったゼリー状の物質で構成されていますが、加齢に伴いゼリー状の成分と水分が分離しやすくなります。

ゼリー状の部分は加齢と共に自然に減ってしまいますので、これまで眼球の内部が満たされており張りが保たれていたものが段々と失われてしまうことになります。このときに硝子体が網膜から離れてしまうのです。

後部硝子体剥離は加齢に伴い誰でも起こることなので異常なことではありません。治療も特に必要ないとされています。ところが、後部硝子体剥離は網膜裂孔や網膜剥離のきっかけとなり得るのです。

内部に満たされたものが萎縮するに伴い、網膜が内側に引っ張られます。このとき、網膜に裂け目が生じることがあり、裂け目に水分が侵入すると次第に網膜が剥がれていきます。

裂け目が生じた時点では網膜裂孔、次第に剥がれて行けば網膜剥離となるので、後部硝子体剥離がきっかけで網膜裂孔になることがあり、それから網膜剥離へ移行するという経緯を辿ることが多いのです。

網膜裂孔や網膜剥離が起こると、視界に影響が表れます。例えば視界に何かビニールの紐のような、もしくは黒っぽいゴミのようなものが入ってくる気がするというような症状。眼球を動かすと視線についてくるようにゴミも移動し、気になりだすと無性に邪魔臭い。

いわゆる飛蚊症というものですが、飛蚊症が網膜裂孔や網膜剥離を発見するきっかけとなることがあるのです。しかし多くの飛蚊症は、網膜裂孔や網膜剥離ではなく、後部硝子体剥離が原因となるか、生きていれば起こり得る生理的な症状ですから、気にはなるかもしれませんが病院に行っても要経過観察と診断されるのが一般的です。

もちろん、このときに網膜裂孔や網膜剥離が起きていれば治療の話になりますので、飛蚊症は多くが心配ないものだから放っておいて良いということではありません。

後部硝子体剥離の時点では治療しなければならないということにはなりませんし、それ以前に飛蚊症はよくあることではありますが、大したことのない飛蚊症と治療が必要な飛蚊症の区別を自力でつけるのは困難なので、医師の診断を受けることが大事です。

心配のない飛蚊症では、後部硝子体剥離に伴って硝子体内のコラーゲン繊維が映り込んでしまったり、自然に硝子体に濁りが生じたのが視界に入ってしまったりすることが原因となります。これに対して行う治療は、何もせず経過観察ということもあるでしょうし、目の酸化を防ぐ目薬を処方されて終わりということもあるでしょう。

病院に行ったのに経過観察とされたり目薬だけで様子見となる理由は、多くが一時的な症状だからですし、硝子体の濁りは加齢に伴い活性酸素の除去能力が乏しくなったせいで起こることなので、酸化ストレスから目を守ることで次第に良くなる可能性があるからです。

いずれにせよ、視界に何らかの変化が生まれたら眼球に変化が起きていると心得て、大したことないとは思っても一度は病院に足を運ぶことが肝心です。

目の健康成分

眼のおはなし