Nアセテルカルノシン

Nアセテルカルノシン | 目の健康成分

Nアセテルカルノシンは、現在白内障の症状を改善する効果が期待できるとして、日本でもかなり有名になってきている成分です。

今までの白内障の治療では、基本的に手術しかないと言われ、点眼薬は進行を遅らせる効果があるというだけでした。しかし、2010年にロシアの科学者であるマーク・バビザエフ博士とその研究チームによって、白内障を治療することが期待できる「Nアセテルカルノシン」という複合アミノ酸を含んだ液体がアメリカで特許を取得してから世界中で注目されるようになりました。

ちなみにこのNアセテルカルノシンは、EUや東南アジアでは10年以上に渡って動物と人での臨床実験を行っており、医薬品としてEUの安全規格CEマークを大衆薬として取得していることから、すでに白内障治療薬として使用されています。

白内障の原因の90%は加齢によるものであることが臨床的に認められており、歳を重ねていけば白内障の発症リスクが高くなるのが当然であり、日本でも初期以上の白内障発病者は高年齢の方ほど高くなっています。

また日本において白内障患者数のうち女性の比率が高く、男女比率は男:女で1:3となっています。

白内障は加齢に伴い目のレンズの働きをしている水晶体の酸化が進んで白濁していき、最悪の場合失明に至る病気です。元々人間の体にはカルノシンという複合アミノ酸を作る機能が備わっていて、このカルノシンが酸化を抑制する働きをしています。

白内障の原因ともなるカルノシンの減少により、活性酵素による影響を受けやすくなり、水晶体の細胞死が増えて細胞再生機能が衰えることで細胞死が止まらない状態となり、硬く白く濁ってしまうと言われています。

Nアセテルカルノシンを点眼することによって、カルノシンへ変化して眼球の水溶液に直接入り込んで酸化防止として働く効果が期待できます。このことにより、カルノシンを補って水晶体を保護する役割があることが認められています。

そのことにより、カルノシン不足によって白く濁っていた水晶体は酸化防止の効果によって徐々に回復していき白内障が改善されると言われています。副作用についてですが、現在特に報告されていることはありません。

目の健康成分

眼のおはなし